終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。

葬儀

葬式で着るシャツ選びのマナーは?ボタンや襟の見分け方も解説!

投稿日:

葬式の服装マナーでは、スーツの下に着用するシャツ選びにも、気を配る必要があります。ワイシャツやシャツには様々な種類があるため、葬儀に着用すべきシャツの見極めが難しいです。

だからこそ、失礼にならないようにシャツの選び方を知っておきたいですね。

今回の記事では、

  • 葬式にふさわしいシャツの色
  • 葬式でマナー違反にならないシャツのボタン
  • 葬式で気をつけたいシャツの形状と着こなし
  • 葬式で失礼にならないシャツの素材

について説明していきます。


葬式のシャツを選ぶ時のポイント

葬式にはマナーやしきたりがあり、特に服装については、失礼にならないように注意しなければいけません。やはり、大切な故人を見送る上で、マナーやしきたりを正しく理解し、知っておくことが重要です。

葬式の服装の中で、意外と見落としがちなのがシャツです。葬儀で着るべきワイシャツのポイントのポイントは、形状と色、ボタンです。それぞれのしきたりを説明していきます。

葬式のシャツに適した色の選び方

葬式のしきたりに適したシャツの色は、性別によって違います。まずは、葬儀にふさわしいシャツの色を男女別にみていきましょう。

男性の葬式のワイシャツは白

葬儀で着るべき男性のシャツの色は、です。男性が葬式に出席する場合、白いワイシャツを着るのがマナーです。

喪服は黒ですから、黒のスーツの下に白いワイシャツを着用し、黒のネクタイをするのが一般的です。

ネクタイは、光沢のない素材の黒色の無地を選びましょう。

白いワイシャツの下のインナーは、動作によって見えてしまうので、選ぶカラーや形状に注意が必要です。

インナーの色はベージュやグレーが最適です。
白いインナーを選びがちですが、白の場合は、肌が透けて見えてしまうのでNGです。

また、インナーがわりにTシャツを着用するのもマナー違反となっており、Tシャツは、肌着ではなくおしゃれ着になるので、マナー違反だと捉えられてしまいます。

また、インナーに着るシャツの襟の形状は襟元が見えにくいVネックが最適です。

女性の葬式の白シャツはNG

女性が葬式に出席する際のシャツは、黒いものを選びましょう。男性は白のシャツ、女性は黒のシャツで覚えておくとよいと思います。

男性は黒の喪服の下に白いシャツ、女性は、全身黒でまとめるのがマナーです。

子供の葬式のシャツのマナー

葬儀での子供の服装思うなら、大人ほどが厳しくありませんが、ある程度のルールはあります。

ここでは具体的に、乳児、幼稚園児以上の2つの場合に分けて説明します。

乳児

乳児の喪服は、黒、グレー、白が基本です。しかし、葬儀にふさわしい色のベビー服が少ないので、探すのが困難な場合は、落ち着いた色の服でマナー違反になりません。

できるだけ、柄や色が目立たないものを選びましょう。

幼稚園以上、高校生未満

幼稚園児以上のお子さんの葬式のシャツは、制服に準ずるのが常識的です。制服がない場合は、大人の喪服のマナーに準ずる襟付きの白シャツを選びましょう。

葬式のシャツにふさわしいボタン

ワイシャツやシャツには必ずボタンが付いています。
葬儀の服装では、ボタンの色にも注意が必要です。選ぶべきボタンの色は、男女別に違います。

また、シャツのデザインによって、選ぶボタンの色が違ってくるので、しっかりとチェックしておきましょう。

男性ボタンの色は白

男性はワイシャツの色と同様に、白いボタンがついたものを選びましょう。
中には、黒色や茶色のボタンがついたシャツもあります。そのようなシャツは、カジュアルに見えるので失礼に当たります。

女性のボタンの色は黒

女性も喪服のシャツの色と同様に、黒いボタンがついたものを選ぶのがしきたりです。
性の喪服は、基本的に全て黒で統一されているため、特に意識して選ぶ必要はありません。

ダブルカフのボタンは黒

男性が葬式で着用するダブルカフのワイシャツのボタンは、黒が正解です。
ダブルカフのワイシャツとは、長めの袖が折り返されて二重になっているシャツのことです。

一般的なワイシャツはシングルカフ、袖が織り回されているのがダブルカフで、どちらも葬式のワイシャツとして認められています。

ボタンダウンシャツはNG

襟の先端にボタンが付いており、固定できるタイプのシャツをボタンダウンシャツと言います。
ボタンダウンシャツは、ボタンの色に関係なく、葬式のシャツとして、ふさわしくありません。カジュアルシャツだと判断される恐れがあるので、控えておきましょう。

葬式のシャツの形状や着こなしのポイント

色のシャツの形状や着こなしにも、しきたりに従ってポイントがあります。
ワイシャツとシャツの違いやそで丈の長さ、襟のタイプなどのポイントをお話ししていきます。

ワイシャツとシャツの違い

ワイシャツはネクタイを付けて着用するシャツ、シャツは単体でも着られるカジュアルシャツやネルシャツを指します。

しかし、ワイシャツとシャツの違いの定義はいろいろあり、実はこれといった決まりはありません。

着心地としては、普通のシャツは動きやすいものが多いので、動きにくくシルエットがきちんとしているシャツがワイシャツになります。

葬式に半袖のシャツで出席するのはNG

その日の気候に合わせて、葬儀で半袖のワイシャツを着るのは、マナー違反ではありません。

ただし、葬式に出席するときは、上からジャケットを着用するのが常識です。

葬式での腕まくりはNG

たとえ長袖のシャツを着ていたとしても、葬式の出席時に暑いからといって、腕まくりをするのはマナー違反なので気をつけましょう。

ビジネスシーンにおいても、腕まくりは着崩しだと捉えられてしまうので、マナー違反になります。

それは、袖口のボタンを外す行為自体が、着崩しだと考えられているからです。

葬儀の場もビジネスシーンと同様に、フォーマルな場所でのマナー知識として、ワイシャツの腕まくりはマナーに反することを知っておきましょう。

葬式のシャツの襟はレギュラー、セミワイド

葬式で着用するワイシャツの襟は、開すぎていないレギュラーカラーやセミワイドカラーが基本。2つのタイプの違いは、襟の形はのど元から襟先までの長さと襟の開く角度、襟足の高さで決められています。

  • レギュラーカラーの襟先までの長さは70~75mm、角度は75~90度、襟足の高さは30~38mm程度
  • セミワイドカラーの襟はレギュラーよりも少し大きく、角度は100~180度程度

セミワイドカラーのメリットは、レギュラーよりもゆったりしているだけではなく、ネクタイの下がきれいに見えるため、着こなしも見事です。さらに襟の開きの角度が大きいホリゾンタルカラーは、カジュアルに映ってしまうので、禁物です。

ホリゾンタルカラは、別名でカッタウェイとも呼ばれており、アパレルブランドでも人気があるデザインのワイシャツです。

しかし、カジュアルシャツに分類されるため、フォーマルなシーンには適していません。

葬式に適したワイシャツの素材

葬式に出席する際のワイシャツの素材にも気をつけましょう。ワイシャツの素材によって、見え方が違ってきます。カジュアル、または派手に見られないような素材を選ぶべきです。

葬式に適したワイシャツの素材の選び方を説明していきます。

ワイシャツの素材はブロードがベスト

葬儀などのフォーマルシーンに相応しいワイシャツの素材はブロードです。

ブロードとは、高密度な平織り生地のこと。シャツのような衣類は糸を織って作られた生地が素材になっており、糸の細さによって仕上がりや見え方が違います。

ブロード素材は、シャツにふさわしい細さの糸を使用しており、柔らかい肌触りできめ細やかな見た目にも美しい高級感ある仕上がりです。

カジュアルシーンでは清涼感がある綿やリネンが人気ですが、葬式などのフォーマルシーンには適していません。

ブロード素材のシャツは美しい高級感がありながらも、光沢があり過ぎないので葬儀の装いに最適です。

シワや光沢ありのワイシャツはNG

シワ加工や光沢感あるワイシャツは見た目がおしゃれで人気ですが、葬式ではNGなので、選ばないようにしましょう。

またしわや光沢がなくてもストライプやドットなどの柄が入っているシャツもNGです。肉眼では確認しにくいほどの目立たない柄が入っているシャツもあります。

しかし、葬儀では周りのほとんどの人が白無地のワイシャツを着用しているため、予想以上に目立ってしまいます。近くで見ると、その違いは一目瞭然であり、マナーに反します。

喪服のワイシャツはユニクロ製でもOK

喪服と合わせるワイシャツは、色や形状、素材だけではなく、メーカーも気になりますね。
例えば、プチプラなユニクロのワイシャツは、喪服として選んでいいのかと悩んでいる人が多いです。

しかし、喪服のワイシャツのメーカーは、あまり気にする必要はありません。

ユニクロのワイシャツは白の無地でブロード素材、襟の形状もレギュラーカラーなので、木のワイシャツに最適です。その上、値段もお手頃で手に入りやすいので、複数枚購入して常備しておくのがおすすめです。

葬式でのベスト着用の注意点

ベストがセットになった礼服がありますね。その場合、葬式にベストを着ていてもいいのかと悩むケースがあるかもしれません。

結論的に言うと、葬儀にベストを着用するのは、マナー違反ではありません。ただし、考え方によってはマナーに反していると捉えられるケースもあります。

ベストと背広を見比べてみると、ベストの方がカジュアルに見えてしまいますね。そのような理由から、装飾的な装いだと判断されてしまいがちです。

しかし、その日の気候によって、どうしてもベストを着用したい場合は、シングルスーツで黒色のベストを選びましょう。

まとめ

葬式に適したワイシャツ選びのポイントについて説明しました。

最近は、カジュアルシャツでも種類が増えてきており、ワイシャツとシャツの区別がつきにくくなっています。また、デザインも豊富なので、葬式のワイシャツ選びに悩む人が多いと思います。

しかし、葬式のシャツ選びの基本を知っていれば、シャツの種類が豊富であっても、その中からふさわしいものをセレクトできるはずです。

葬式は、大切な個人とのお別れの場ですから、家の中で、きちんとした身だしなみで出席しましょう。

 

終活ライブラリーでは、LINEで終活に関する無料相談を受け付けています。
終活で気になることや知りたいことを、お気軽にご相談ください。
友だち追加
友だち追加

     

全国の都道府県一覧からお墓を探す

-葬儀
-,

執筆者:

関連記事

葬式のふくさの色や種類の選び方は?渡し方や包み方のマナーも解説

ふくさとは、絹やちりめんなどで作られたご香典を包むための小さな布のことで、日本古来からの伝統的な小物です。ふくさには多種多様な色があり、包む金額やタイプによって包み方や渡し方が違います。 葬式や法事な …

祭壇

葬儀に供えるお花(供花)マナーは? 手配のしかたは?

お葬式のとき、故人にお供えする花を「供花」といいます。故人を供養するとともに、祭壇・斎場を飾る意味があります。供えた方の名前や「親戚一同」と書いて祭壇の両脇に飾るのが一般的です。 遺族や親族、故人と親 …

葬儀の持ち物の画像1

お葬式の持ち物とマナーを解説!必要なものは何?

お葬式に参列する時に、持ち物や身につけるものにもマナーがあることをご存じですか。 お通夜、葬儀・告別式などお別れの場面は突然やってくるので、何を準備したら良いのか慌ててしまいます。 突然の訃報の連絡に …

遺体安置のイメージ1

ご逝去からご遺体安置まで…葬儀までの安置場所は?

日本の法律上、人が亡くなってから24時間以内は火葬できません。多くの人は病院で死亡診断書を出してもらうため、一度は病院の霊安室に移動されます。ですが、病院の霊安室では火葬までの24時間遺体を預かること …

葬儀の服装の画像1

お葬式の服装を徹底解説!通夜・葬儀・告別式のマナー

冠婚葬祭での出来事は、参列者の意識に残りやすく、昔からもめごとの無いよう気持ちよくと言われています。 特に「葬」に関しては、故人とのお別れの式典で1回限りですから、結婚式とお葬式がブッキングした場合は …