終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。

葬儀

一日葬のメリット・デメリット!お通夜なしのお葬式

投稿日:2017年4月17日 更新日:

葬儀祭壇

一日葬とは、通常二日間にわたって行われる通夜と告別式のうち、一日目の通夜を行わず、二日目の葬儀・告別式のみを行う新しいお葬式の形です。「ワンデーセレモニー」とも呼ばれています。

直葬(火葬式)と同じように思っている方も多いようですが、実際は大きく違っています。直葬は通夜・告別式といった儀式を行わず、火葬のみするというものです(希望により、火葬の際に僧侶が読経をすることもある)。それに対し、一日葬は通夜を行わないだけで、そのほかは小規模であっても一般の葬儀と同じです。

最近、二日間の葬儀は負担が大きいが、直葬(火葬式)では故人とじっくりお別れする時間が持てないということで、一日葬を選ぶ方が増えているようです。

一日葬のメリット・デメリットについてまとめました。

一日葬のメリット

一日葬は、ご遺族のさまざまな負担を軽くするというメリットがあります。

時間的・肉体的負担が軽くなる

喪主や遺族が高齢や病気で、二日間にわたる葬儀は肉体的・時間的に厳しいという場合に一日葬を選ぶことが多いようです。

葬儀のスケジュールが簡素化されるため、遠方から来たり、仕事の都合をつけるのが難しい家族・親族にとっても日程を調整しやすくなり、負担が軽くなります。

費用を抑えることができる

通夜と告別式で2日分準備しなければならない料理や参列者への返礼品が一日分ですむため、その分の費用が抑えられます。

遠方の家族や親族が通夜から参列した場合、その方たちが宿泊する宿の手配が必要になりますが、一日葬であればその手間と費用を省くことができるだけでなく、参列者にとっても負担が軽くなります。

直葬(火葬式)より周囲の理解を得やすい

直葬も一日葬も遺族の負担を軽減するために選ばれます。経済的な負担のみを考えれば火葬のみ行う直葬がもっとも費用を抑えられますが、親族などから簡略すぎると批判を受ける可能性があります。

これに対して、一日葬はきちんと葬儀・告別式を行いますので、直葬よりは周囲の理解を得やすいという長所があります。

一日葬のデメリット

思うほど費用が安くならない

一日葬を選ぶ理由の一つとして、費用が抑えられるという点がありますが、2日間行う葬儀が1日になったからといって、費用も半分になるというわけではありません。

ほとんどの場合、式場代や祭壇の費用は、準備の関係などもあって一日葬であっても2日分かかります。葬儀の費用の大きな部分を占める僧侶などへのお布施は、時給や日給というわけではありませんから、お布施も通常の葬儀と同じように包みます。火葬費用なども変わりません。

実際に費用を抑えることができるのは料理や参列者への返礼品の代金ぐらいということになります。

一般会葬者が参列しづらくなる

最近、首都圏を中心に昼間の葬儀・告別式に参列するのが難しいため、通夜に参列するのが一般的です。ところが、一日葬では通夜を行わないため、一般会葬者が弔問しづらくなってしまいます。

葬儀に参列できない人が多ければ、後日、自宅へ弔問に訪れる人が多くなるという可能性があり、そうなるといつまでたってもご遺族の気の休まる暇がありません。

高齢で家族や親族のみが参列するような場合ならよいでしょうが、友人や知人、職場の関係者など会葬者が多い方については、通夜と告別式を行ったほうがよいでしょう。

最近は通夜をメインに行う一日葬のプランも登場しているようですが、その場合は通夜の翌日に火葬に付すことになります。

宗教者の理解を得なければならない

通夜から葬儀・告別式という流れで行われる儀式には宗教的な意味があります。菩提寺に葬儀をお願いする場合、一日葬を行うことに理解してもらうことが難しいという問題があります。

また、直葬ほどではないとはいえ、親族などから通夜をしないことについての批判があるかもしれません。

一日葬にはさまざまなメリット・デメリットがあります。一日葬を選択肢に入れる場合、故人の社会的立場や人間関係、予想される会葬者などの諸条件を考えて判断する必要があるでしょう。

-葬儀

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

御霊前のイメージ1

葬式に持参する「御霊前」のマナーや相場とは?

日頃から親しくしていた身内や友人などが亡くなった場合、葬式に参列することになります。葬式に参列する際、いろいろなものを持参しますが、中でも重要なのが故人にお供えする香典です。 葬式の香典といえば、よく …

お葬式の数珠の画像1

お葬式での数珠のマナー!宗派ごとの種類と使い方

仏教の仏事の際に必要となるもののひとつに「数珠(じゅず)」があります。 数珠は、お葬式や法事、お彼岸のお墓参りや仏壇に向っての礼拝の際に手に持ちますよね。 今回は、まだ数珠を持っていない人のために、ど …

葬式の期間は何日必要?亡くなってから葬儀までの流れ

家族が亡くなった場合、喪主の方は葬儀を行わなければなりません。 葬式が初めての場合、葬式は臨終から何日後に行うのがベストなのか、亡くなってから葬儀までの流れなど、分からない方も多いですよね。 そこで、 …

自宅葬のイメージ1

我が家で送る「自宅葬」とは?葬儀の準備と流れ

ひと昔前までは、寺院や葬儀会館などを利用して、比較的規模の大きな葬儀が主流でしたが、近年では、家族葬や一日葬、直葬(火葬式とも呼ばれる)など、弔問客が少なく、小規模な葬儀を考えている人が多くなっていま …

焼香のイメージ

法事のお焼香の正しいやり方は?順番やマナーなどを解説

法事の時には必ず誰しも行わなければならないのが「お焼香」ですよね。 何度も葬儀や法事に参列してことのある方であれば、作法・やり方などは、なんとくなく知っているはず。 しかし、葬儀を経験した回数が少ない …