終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。

葬儀

故人を偲ぶ「通夜振る舞い」でのマナーは?

投稿日:2017年5月25日 更新日:

寿司

通夜振る舞いとは、お通夜の読経と焼香が終わった後、参列者に振る舞われる食事のことです。

弔問者へのお礼として会食の席を設けるものですが、飲食をしながら故人を偲び、思い出を語ることで故人への供養となります。

地域によって習慣の違いがあり、通夜振る舞いを行わない地域もあります。また、通夜振る舞いには親族だけが参加し、一般の参列者には寿司や饅頭などの返礼品を食事代わりに持ち帰ってもらうという地域もあります。

一方、関東では会社・学校関係者や近所の方など一般参列者も一緒に参加するのが一般的です。

通夜振る舞いのマナーについてまとめました。

通夜振る舞いの流れ

一般的に通夜振る舞いは次のような流れで行われます。

①開式の挨拶
喪主が弔問のお礼などを述べます。

②通夜振る舞い(会食)
参加者は、故人を偲びながら料理をいただきます。料理は、本来は精進料理ですが最近ではあまりこだわらなくなっています。お寿司やサンドウィッチ、オードブルを大皿に盛って出すことも多くなっています。地域によってはお茶とお菓子ということもあります。

③閉式の挨拶
頃合いを見て、喪主または世話役代表がお開きの挨拶をします。一般の参列者は遺族に簡単な挨拶をして、速やかに退席します。

案内があった場合は極力参加する

通夜振る舞いがある場合、喪主の挨拶の際に通夜振る舞いの案内があります。該当する場合は案内に従いましょう。また、遺族から参加するよう請われた場合も参加します。

強制ではありませんが、故人を偲ぶという意味で、声を掛けられたら辞退せず参加するようにしましょう。

参加する場合、食事に箸をつけるのが供養とされていますから、一口でも箸をつけるのがマナーです。お酒が用意されることもありますが、宴会ではなく故人を偲ぶ場ですので、節度を守って飲むことが大切です。

通夜振る舞いの時間は一般的に1時間程度ですが、故人や遺族とそれほど親しくない場合は30分程度で切り上げるのが望ましいとされています。

都合がつかない場合など、どうしても辞退しなければならないときは、遺族や世話役の人にやむを得ない事情があって辞退する旨を告げ、退出します。それでも重ねて勧められた場合、いったん参加して一口箸をつけましょう。その後、タイミングを見て遺族に断り、目立たないように退出しましょう

通夜振る舞いの席でのマナー

通夜振る舞いは宴会ではなく、故人を偲ぶための食事会ですから、守るべきいくつかのマナーがあります。

故人に関係のない話は避ける

通夜振る舞いは故人を偲び、思い出を語り合う場です。ですから、故人とあまり関係のない話は避けるのがマナーです。仕事の関係者が参列していても、その場で名刺交換をしたり、仕事の話をするのは失礼に当たります。

また、遺族や親族と話す際は、「死亡」「ご存命中」といったストレートな表現や、「重ね重ね」「たびたび」といった重ね言葉は使わないようにしましょう。故人の死因や臨終の様子などについて尋ねるのも失礼とされます。

大きな声で話したり、笑ったりしない

お酒も入り、思い出話をしていると、つい話が弾むこともあるでしょう。しかし、通夜振る舞いで大きな声で話したり笑ったりするのはマナー違反とされています。故人を偲ぶ場ということをわきまえ、遺族や周囲に配慮しましょう。

遺族を気遣う

遺族は弔問客をもてなす側ですが、身内を亡くされた直後でもあります。そのことをに十分配慮し、気遣いをしましょう。また、挨拶は簡単にとどめ、話し込んだり引き止めたりしないようにしましょう。

また、最後の挨拶の後は長居をせず、速やかに退席して時間通りに終了できるようにしましょう。

故人を偲ぶ場であることをわきまえ、ご遺族を思いやることが、通夜振る舞いでのもっとも大切なマナーといえるでしょう。

 

終活ライブラリーでは、LINEで終活に関する無料相談を受け付けています。
終活で気になることや知りたいことを、お気軽にご相談ください。
友だち追加
友だち追加

     

全国の都道府県一覧からお墓を探す

-葬儀

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お葬式をしないの画像1

葬式をしない方法を解説!火葬のみの直葬・火葬式

近年、家族葬などの小さなお葬式を行うのが一般的になりつつあります。 お金をかけたくない、おおっぴらにしたくない、無宗教だから、生前言われていたなど、その理由はさまざまで、形や体裁にとらわれない葬儀をし …

増税のイメージ1

お葬式が消費税8%でできるのはいつまで?国税庁に聞いてみた

2019年10月から、消費税が8%から10%になることが予定されています。 お葬式をすると規模が小さいものでも数十万単位の費用が掛かるため、例え2%だとしても費用に差がついてしまいます。 お葬式はいつ …

葬式の髪型イメージ

葬式にすべき髪型とマナー違反にならないための注意点

葬式に相応しい髪型・ヘアスタイルは、どのようなものでしょうか?葬式では髪型も、悲しみの場に相応しいヘアスタイルで参列する必要があります。喪服に似合い、髪型・ヘアスタイル、髪を整える際の注意点をご紹介し …

葬儀の費用の画像1

葬儀・葬式の費用相場は?料金を安くするポイント

もし身内が亡くなったら、通常亡くなった翌日か、どんなに遅くとも1週間以内には葬儀を行います。 この期間中に葬儀の費用を用意するとしたら、一体どれくらいのお金がかかるのでしょうか。 葬儀社はいまだに現金 …

御霊前のイメージ1

葬式に持参する「御霊前」のマナーや相場とは?

日頃から親しくしていた身内や友人などが亡くなった場合、葬式に参列することになります。葬式に参列する際、いろいろなものを持参しますが、中でも重要なのが故人にお供えする香典です。 葬式の香典といえば、よく …