終活に関する情報を総まとめしているホームページです。お葬式や、相続、遺言、保険、エンディングノートなど終活にまつわる情報を網羅している終活情報を専門に発信していきます。

葬儀

家族葬の参列者はどこまで?トラブル回避のポイント

投稿日:2017年4月13日 更新日:

喪服の家族

近年、家族葬を行う方が増えています。核家族化や葬儀に対する考え方の変化が背景にあるようです。

家族葬で行うときに難しいのは、呼ぶ人の範囲です。家族葬といっても、必ずしも家族だけでするわけではありません。

それでは、どの範囲の人に参列してもらえばよいのでしょうか。

家族葬に明確な定義はない

家族葬は一般的には、故人の親、兄弟姉妹、子どもや孫(その配偶者を含む)を呼ぶようです。

しかし、明確な定義があるわけではありません。

上記に加えて、故人の従兄弟、従姉妹や甥姪まで呼ぶ場合もありますし、家族以外に、故人と親しかった友人を呼ぶ場合もあります。

つまり、呼ぶ範囲は、故人と親族との付き合いの関係によって異なります。

故人と親しかった人などが、葬儀が終わった後に、自宅に弔問に訪れたりすることもありますので、故人や親族との付き合いの関係によって呼ぶ人を決めましょう。

家族葬をする場合の注意ポイント

家族葬をする場合で重要なことは、呼ぶ人の範囲を決めると同時に、周囲の人たちにもきちんと知らせておくことです。そうでないと、トラブルに繋がりません。

訃報の案内が来た際に参列しても良いのかどうか迷う場合がありますので、家族葬で行う場合は、家族や近親者のみで行うことをしっかり伝え、香典も断るように伝える必要があります。

それらをしっかり伝えておかないと、後になって「自分は呼ばれなかった」というトラブルに発展しかねません。

自分たちの思いだけでなく、周囲の人たちにも心を配ることでトラブルを避けるようにしましょう。

逆に言うと、「葬式に参列したい、お悔やみ申し上げたい」と思っても、家族葬に呼ばれていないのであれば、勝手にアクションを起こさないようにしましょう。

家族葬の場合は、急な参列者には対応できないことがほとんどです。

-葬儀

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お布施

葬儀で包むお布施の金額相場は?渡し方も解説!

仏式の葬儀をする場合、僧侶にお布施を用意します。僧侶は、通夜、告別式、式中初七日法要などで読経をしてもらいます。また、戒名を頂くのにもお布施が必要です。 今回の記事では、お布施の相場や渡し方について解 …

遺体に損傷がある場合のイメージ1

遺体が損傷してしまっている場合の葬儀はどうすればいい?

交通事故や自死、孤独死などで人が亡くなった場合、遺体がひどく損傷してしまうことがあります。 そうなると通常のお葬式のように、そのまま棺に遺体を安置して、遺族や弔問客が見送るということはできません。 遺 …

書類の断捨離について解説!仕分け方から管理方法まで!

終活の一環として、断捨離を取り入れようとしている方も多いのではないでしょうか。断捨離は、遺品整理をする家族の負担を少なくできますし、今後の人生を見つめ直すきっかけにもなりますのでやらない手はないでしょ …

寿司

故人を偲ぶ「通夜振る舞い」でのマナーは?

通夜振る舞いとは、お通夜の読経と焼香が終わった後、参列者に振る舞われる食事のことです。 弔問者へのお礼として会食の席を設けるものですが、飲食をしながら故人を偲び、思い出を語ることで故人への供養となりま …

葬式・通夜のハンカチは何色?柄や男女での差も解説

お葬式やお通夜、法事に参列する場合、服装や髪型以外に弔事用のものにしなくてはいけないものの1つに、ハンカチがあります。 なかには「ハンカチという細かい持ち物まで弔事用にしなくてもいいのでは」と思われる …